なぜサンフランシスコなのか、そもそもサンフランシスコスタイルって何?

img_7586-1img_7614-1img_8516

こんにちは。

寒くなってきましたね。

おかげさまでオープンから半年経ちました。だいぶ落ち着いてきたんでサンフランシスコの店をオープンした経緯、サンフランシスコの料理って何?についてお話ししたいと思います。

僕はもともと洋食と中華を主に、プリオ2の豊川市民プラザという宴会専門の所で働いていました。
独立するにあたり洋食と中華を一緒にやりたいと考え、どうやったらそのスタイルを受け入れてもらえるのかと考えた所、昔から好きなアメリカの文化、様々な人種が集まっているアメリカにヒントがないかと考え、また趣味であるスケートボードの聖地サンフランシスコへの憧れから一回行ってみようと思い、行きました。

 

行ってみるとサンフランシスコの街は5キロ四方しかないのですが、その街の中は世界の縮図みたいになっていました。

アメリカで1番大きな中華街、イタリア街、日本街、メキシコ街、挙げたらキリがないのですがそれぞれのコミュニティがひしめいていました。

そして海に囲まれている為、シーフード料理が多かったです。また、サンフランシスコはオーガニックの先駆けということでした。街にはオーガニックの材料しか使わないレストランもたくさんありました。

 

これだっ!と思い、どうにかして店の中でこれを表現できないかと考えながらサンフランシスコの街を歩いていました。

帰国してから以前の会社で独立するときのメニュー作りをしました。

 

パンの中に入ったクラムチャウダーはサンフランシスコでは定番というよりも観光客向けのメニューという感じを受けたんですが、サンフランシスコといったらこれという感じです。ただ向こうのパンは西部開拓時代の保存食として食べられてきた酸っぱいパンであるサワードゥを使っていて、日本人の口には合わなかったので、当店では強力粉、全粒粉、ライ麦粉を使ったパンを使用しました。

少し食べにくいんですが、アサリのだしたっぷりのクラムチャウダーと一緒に食べていただきたいです。

 

他の料理もサンフランシスコで食べて来たものや、食べられるものを出しています。それプラス一般的なメニューも提供しています。

 

これからも美味しい料理とくつろげる、楽しめる空間を作っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 生ビール入れました。
  2. サンフランシスコ研修
  3. 4/26-30 二周年の感謝でステーキ特価
  4. 6/15-6/20のウィークリーランチ
  5. 3/1-3/6のウィークリーランチ
  6. 10/5-10/9のウィークリーランチ
  7. 6/7の営業時間
  8. 1/11-1/16のウィークリーランチ

アーカイブ

PAGE TOP